banner

介護 病院

療養型の病院は、介護の割合が高いです。

banner 現在の医療制度では、急性期を過ぎると診療報酬が下がるため、一般病院から自宅への退院が難しいと判断されると、療養型の病院に転院を勧められることが多いです。
自宅への退院が難しいのは、病態が安定していないというより、介護の担い手が不足しているという理由が目立ちます。
もともと独居であったり、家族がいても働いている場合などは、家で患者が一人で過ごす時間が長くなってしまいます。
訪問看護やホームヘルパーサービスを利用しても、患者の安全が確保できないと予測されます。
積極的な治療は必要ないが、数時間毎に喀痰吸引をしたり、服薬管理をしたり、排泄の介助をしたり、医療行為よりも介護の割合が高いサービスを提供しているのが、療養型の病院です。

頭痛外来で大阪での鍼灸治療ならまえだ鍼灸院

http://www.itsuki-clinic.jp/

スタッフ募集 | 神奈川の在宅マッサージならサン介護マッサージ

東洋医療専門学校歯科技工士学科 | 東洋医療専門学校

介護 病院の関連情報

banner 高齢化社会が急速に進む中で、老人にたいしての介護や、入院を含めた病院の問題が、深刻化しています。介護の制度とこれからの病院について

banner 近年、自宅での介護を希望する人が増えてきています。
そんな人を支援するために、介護支援サービス

病院が行う介護支援について

banner 急性の治療が終わり長期間の治療が必要な場合は、療養型の医療施設を利用することになります。
介護

長期治療に必要な介護療養型の医療施設