介護 病院

介護の制度とこれからの病院について

高齢化社会が急速に進む中で、老人にたいしての介護や、入院を含めた病院の問題が、深刻化しています。
まず、介護に関わる人々の人手不足が慢性的にあるため、家族をはじめとした身近な人々がしなければならないというケースが、多く見られます。
このような場合、家族の精神的、肉体的な負担が増えるとともに、専門的なトレーニングを受けていない一般の人がどれだけ的確な介護をすることができるのか、という問題もあります。
また、高齢者の病院の利用を考えたとき、保険制度が整っていることを逆手にとって不必要なほど多くの薬を処方されたり、入院が必要な場合でも様々な制限や規定があってなかなか満足な入院ができない、など、実に様々な問題が浮上してきます。
このような点を踏まえた上で、今後も国レベル、地方レベルまた個人レベルで、高齢者の介護や病院利用についての議論がますます盛んになされる必要がありそうです。